【市民発のプロジェクト】星が丘を花で喜びいっぱいの街へ「星のガーデナーProject」

記事公開日:2019年01月18日

星が丘テラスザ・キッチンの北側にある、花壇。このお花のお世話は、市民の皆さんが行っているのをご存知ですか?

花は心に癒やしをもたらせてくれます。
仕事や家事など、精神的に疲れを感じる人が多い時代。
そんな背景があってか、ガーデニングを学びたい。街に花を増やしたいという方が増えているようです。

街を緑や花でいっぱいにしたい、そうした思いを持った方々が集まった市民発のプロジェクト「星のガーデナーProject」を、今回はお知らせします。

花に囲まれた地域密着型コミュニティースペース

星が丘テラスザ・キッチン北側にある花壇。
この花壇のお世話をしているのは、星が丘テラスコミュニティールームで月に1回オーガニックガーデニング手法を学び、実際に花壇の管理をする年間体験実習「星のガーデナーProject」参加者の皆さんです。

オーガニックなガーデンとは

「星のガーデナーProject」ではオーガニックなガーデニング手法を採用しています。
オーガニックなガーデニングとは、自然のサイクルを活かした庭作りであり、その前提として、農薬や化学肥料をできるだけ使わずに花や木を育てます。
植物が生育し綺麗な花を咲かせるためには、土の中にいる小動物や微生物の働きが重要ですし、実や種をつけるためには、受粉のための虫の力も必要になります。
農薬や化学肥料を使わないガーデニングは、様々な生きものたちの「命がめぐる関係」を庭という形で築くこととも言えます。

参加者の皆さんにインタビュー

春の花壇の植え替えをおこなっていた、参加者の皆さんにお話を聞くことができました。

「初めて花を植える経験をした」という初心者の方から、前からガーデニングを楽しんでいて「ミツバチに愛着があり、虫の大切さを地元でも伝えたい」という方まで、様々な方が参加していました。どなたも本当に楽しそうに花や土を触っていたのが印象的でした。

今回、「星のガーデナーProject」に参加してみて、
「虫と土への愛着が湧いた」
「土、花、虫、人の循環は普段意識していないだけで廻っているということがわかりました」と、皆さん植物とその植物を取り巻く生態系への関心が強くなったようでした。

星が丘エリアが花でいっぱいになるのもそう遠くないかも!?そんな期待をさせてくれる方たちでした。

自然を大切にし、自然と共生する

土、花、虫、人。
普段意識しないだけで、そういった生態系の循環の中に自分が生きているということを、再確認しました。
2019年1月より「星のガーデナーProject」、第二期生の募集が始まっています。2019年3月から12月まで、全10回の体験学習になります。
人と自然が寄り添って暮らすための街の景観つくり。
すべての講座が終わる頃には、一緒に花壇を作った仲間同士の一体感も生まれます。講座と実習がセットになったプログラムなので、ガーデニング初心者の方も安心。興味がある方は、ぜひ参加してみてくださいね

星のガーデナーProject2019

初心者向けのオーガニックガーデニングの年間体験学習
講師:柵山直之 (有)メイガーデンズ代表・ガーデンデザイナー 1級造園施工管理技士
Aコース:定員10名 毎月第2土曜日 9:00~12:00
Bコース:定員10名 毎月第2月曜日 13:00~16:00
2019年3~12月 10回実施 受講料:12,000円/各コース 年間
お申込み・お問い合わせ:090-4264-5231(星が丘テラスコミュニティールーム)
電話の受付時間 9:00~18:00

2019-01-18|
関連記事