「表示ラベルをみればわかる 塩の選び方」で“しお”を知ろう!

2020年3月18日sdfsdふぁds


星が丘テラスのコミュニティルームでは、暮らしを豊かにするための
様々な講座や体験が開催されていますがご存知でしたか?
その中でも気になった、「表示ラベルをみればわかる塩の選び方」
(2月5日開催)を受講してきましたので、ご紹介します。
講師は、静岡県浜松市に店を構える、オーガニックグラノーラ専門店
JIYUTEIのオーナー高井紀子さん。
ご自身が減農薬野菜や無農薬野菜の味と効能に感動し、
ナチュラルフードを使った食品を提供するようになったそうです。
これまでに、食品や健康がテーマのブログも1000件以上配信されているそうです。
今回の講座では、私たちの食事に欠かせない調味料の一つ「塩」をどう選ぶかという、
お話が聞けましたよ。

ラベルの「食塩相当量」に注目して!

まず、人間の体に必要な5大栄養素の一つにミネラルがあります。
体の調子を整える、重要な栄養素ですが、現代人はこのミネラルが
不足していると言われています。その一つは減塩です。

塩は、塩化ナトリウムを主成分とし、マグネシウムやカリウムなど
様々なミネラルが含まれています。

しかし、全ての塩にミネラルが入っているわけではないそうです。

「”食塩相当量(g/100g)=ナトリウム(mg/100g)☓2.54÷1000”
で出せますよ」。と高井さん。

今回、資料で配られたものに各メーカーの塩の成分表を見ると、
某有名な塩は、食塩相当量が95.2g。中には99.57gというミネラルが相当少ない、衝撃的な数値が!
また、塩を造る製法によってもミネラルの量が変化するのだとか。
「塩の過剰摂取が不健康になる、と言われていますが、
大切なのは塩化ナトリウムの量。そしてミネラルのバランスですよ」。

こだわりが詰まった絶品グラノーラを味わう

お話の後は、お店で扱っているオーガニック素材のグラノーラ試食タイム。
喜界島の高級白胡麻やナッツ、パンプキンシードなど、
自分好みにブレンドしてヨーグルトと一緒に受講者は楽しんでいました。

「いま様々な食品添加物が入った食品が多く出回っています。まずは表示を見て選び、
知ることが大切です。もし、摂ってしまったら、デトックス。
おすすめはグラノーラ。主原料のオーツ麦には、食物繊維とケイ素が豊富。
植物繊維は、お腹の調子を整えるなど便秘予防にもつながります。
ケイ素には体外に余分なものを排出するデトックス効果が期待できますよ」。

参加者のみなさん、食品に対する意識が高い方ばかりで、
熱心に聞いてらっしゃいました。
ここに紹介しきれない、食の興味深い話がたくさん聞けて、
本当に勉強になりました。
まずは、今回のテーマの塩選びから始めましょう!

JIYUTEIでは、食塩相当量81.2gの喜界島「黒潮天然塩」を取り扱っているそう。
多段階式平釜工法で造られた天然海水塩は、ミネラルも豊富。
星が丘テラス ザ・キッチン「るるビオエピスリー」または、
オンラインで購入できるそうなので、気になる方はチェックを。
高井さんの講座は、定期的に開催予定らしいので、
こちらもチェックしてみてください。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です