星が丘ボウル所属プロボウラーをクローズアップ02

2020年4月6日sdfsdふぁds

星が丘ボウル所属のプロボウラーを、クローズアップする企画の第2弾。
今回もお話をしてくれたのは、星が丘ボウルの副マネージャーでありながら、
プロボウラーでもある永田プロです。

永田プロに1試合に持参するマイボールの数を聞きました。
「私は6個を持っていきますね。曲がり具合の異なるボール、
表面素材の異なるボール、スペアを取る為のボールなど、
状況やレーンのコンディションをみてボールを使い分けています」。

レーンの表面には特殊なオイルが塗られているそう。

「オイルが多いと摩擦が少なく、ボールが曲がりにくい。
逆に少ないと、曲がりやすくなります。
ですので、オイルのひき方や量によりボールの曲がり方が変化します。
レーンの材質も影響しますよ」

ボールが綺麗に曲がるのは、オイルの塗り具合など、
レーンのメンテナンスのたまものなんですね!
素材の硬さも摩擦に影響するので、試合中にレーンの
コンディションをよみ、ボールを変えたり
投げ方を変えたりすることが、プロの世界では重要だそうです。

現れたレーンの断面に驚き!

以前、実際にレーンで使用されていた板が登場!
「1レーンにどれくらいの板を使っていると思います?」
永田プロに質問されて、私は6枚くらい?と答えたのですが、
正解はなんと39枚! 全くとんちんかんな答えでした(汗)
しかも板の側面を使用しているんですって!

「星が丘ボウルのレーン数は、2001年以前は100ありました。
1フロアに100レーンあるボウリング場と、話題の場所だったんですよ」。
当時の一部を残しているそうで歴史を感じますね。

確かに、しっかりした木が縦に並んでいますね。
上に樹脂がかぶせられていますが、補強のためのよう。
表面を均一にするため、定期的に削って
メンテナンスしているそうですよ。

最近では、手間を考えてウッドではなく、合成板を使用する
ボウリング場が多いとか。
星が丘ボウルでは、この通りウッドを使用。1レーン39枚の木が
60レーンも続いていると思うとすごいですよね。
合成よりなんだか温かみも感じます。
そんな星が丘ボウルは、今年50周年を迎えます。

運動不足解消にもボウリングしたいですね。
永田プロ、色々お話ありがとうございました!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です