星ヶ丘三越の映画館「三越映画劇場」

星ヶ丘三越にも映画館があるのをご存知ですか?星ヶ丘三越の最上階9階にエレベーターで辿り着きます。
三越映画劇場は1980年10月にオープンし、定員68名と小規模ながらも豪華な座席で、昭和の時代のクラシック感を残した、ゆったりと過ごせる空間です。

映画のチョイスが絶妙と話題



この劇場は、映画が公開されてからしばらく経った作品を上映する、「二番館」と呼ばれているスタイルで長年運営されています。
あの映画、気になっていたけど見逃してしまった・・・と思っていたら、三越映画劇場で今度上映される!ということもあるのだそうです。そして上映される映画のチョイスがいつも素晴らしい。
イタリアなどの海外の映画で深いテーマのものを上映していたり、映画好きの間でも「三越映画劇場はすごい」と話題になっているのだとか。
トレンドに流されず、人々の心を掴む上映をし続け、映画好きの人達をも唸らせる映画館、三越映画劇場。
上映する映画のチョイスは誰がどうやって行っているの?三越映画劇場の野田支配人にお話を伺ってきました。

星ヶ丘三越のお客様に喜ばれる映画は?と常に考えています

「星ヶ丘三越のお客様に合わせ、ミセスの方々も楽しめる映画を選ぶようにしています。逆に子供に受けそうな流行りのアニメなどは上映しません。他の映画館で観ることができるからです。スタッフも映画が好きで、常に星ヶ丘三越にぴったりの映画がないかチェックしています。」

入社当初は映画が好きではなかったスタッフも、日々仕事をしている中で「お客様に良い時間を過ごしてもらいたいな」と考えているうちに、自らも映画を好きになり、お客様にもっと喜んでいただける映画は?と考えるようになっていくそうです。

野田支配人も、お休みの日には色々な映画を観ているそうです。感動する映画が好みかと思いきや、部活青春モノやお仕事エンタメ系の映画を好んで観るそう。ちょっと意外!

三越映画劇場が上映する映画はアカデミー賞ノミネート作品などタイムリーな映画が多く上映されていますよね?何か秘訣があるんですか?と、野田支配人にお聞きすると…


「アカデミー賞にノミネートされそうな作品を予測して、アカデミー賞発表のタイミングに合わせて上映できるようにしています。」とおっしゃっていました。

ゆったりと上質な時間を過ごして欲しい

映画館のメリットは、映画だけに集中できる空間が準備されていること。
自宅でもテレビやDVDで映画を観ることはできますが、電話がかかってきたり、ついついメールをチェックしてしまったり、集中して映画を観ることはなかなか難しいですよね。
「どんな映画を上映するのかを考えるのも大事ですが、お客様にゆっくりしていただける雰囲気作りを大事にしています」
野田支配人が笑顔で語っていました。
三越映画劇場で映画を楽しんで、ゆったりとした雰囲気を味わい、そのあと星ヶ丘で買い物や食事を楽しむ、なんていう過ごし方もいいかもですね。

みなさんも、ぜひ三越映画劇場で映画を楽しんでください。

2018-12-03|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です