キリン極上生ビールアワード2018全国TOP100受賞店「明治館」

気さくなマスターのもと、皆さんに愛されるお店「明治館」。
なんと、キリンビールの厳しい生ビール提供品質基準をクリアした「認定店」の中から、お客様の支持によって選ばれる「キリン極上生ビールアワード2018全国TOP100」を受賞したこわだりビールのお店です。

「ウチはS級のビールとB級グルメの店です」と話すマスターの山本さん。
お店の歴史やビールへのこだわりをお聞きしました。

今年でオープン30周年

オープン当時のお話をマスターにお聞きしました。

「1988年にオープンし、30年を迎えることができました。2018年の夏には30周年イベントを開催しましたよ。以前は地下鉄「星ヶ丘駅」のバスターミナル近くのビルの地下でお店を開いていました。」

と語るマスター。
当時は地下にあったこともあり、若者向けの隠れ家的バーという感じで、マスター自身もシェイカーを振っていたそうです。

その後、ビルの建て替えにより2010年8月に現在の場所に移転しました。

お客さんが入りやすいようにお店を明るい雰囲気に変えたり、メニューをヘルシーなサラダ中心に変えたり試行錯誤したそうですが、移転当初は苦戦したそう。

周辺に駐車場が無かったり、星が丘テラスから少し離れていたりということも影響したそうです。
試行錯誤している中で、鮮度にこだわる「速達生ビール」に出会ったそうです。

「お店を繁盛させるために何をやっていいのかわからなくて悩んでいましたが、これにかけてみよう!と、速達生を取り入れることを決めました」

新鮮さを追求した生ビール「速達生」で大繁盛

速達生を導入した当初は、常連さんから「鮮度にこだわるって言ったって、そんなに味なんて変わるの?」と言われたそうです。飲み比べしてみると納得してもらえるそうです。

同じ樽詰めのビールでも、工場出荷から2日以内の速達生ビールと、量販店で売っているビールでは味が全然違う!生ビールは生鮮品です、工場から出荷されたところから鮮度が徐々に落ちて行きます。取り扱い方や保管のしかたも大切なんです、お魚に例えると分かりやすいですね。

鮮度以外にもビール抽出機器のメンテナンスやグラスの洗浄、泡の量を一定にするなど美味しいビールを注ぐための条件がいくつもあるそうです。

2016年、2017年、2018年と連続受賞

明治館さんはキリン極上生ビールアワードを今年に限らず何度も受賞されていますよね?何か秘訣があるんですか?と、マスターにお聞きすると、

「キリンビールさんの場合、社員の方がビール抽出機器のメンテナンスに来てくれます。そのときに抽出機器やグラスの状態を厳しくチェックしていくんですよ。抽出機器は水通しの洗浄を毎日しているか、ジョイントの部分、サーバーの口の部分も分解してスポンジで洗浄しているかなど、メンテナンス時に厳しくチェックされます。洗浄をさぼっているとホースが濁ってしまうのですぐわかります。嘘は通用しません。メンテナンス終了時にはグラスに泡がついていないかなどもチェックされます。その厳しいチェックを何度も完璧にクリアするとキリン極上生ビールアワードにノミネートされます」
とおっしゃっていました。

この洗浄や掃除をしっかりしているのと、していないのではビールの味も大きく変わるそうです。
ビールの樽も7リットル、15リットル、20リットルとあるそうですが、明治館さんでは7リットルの一番小さい樽を使っているとのこと。

交換する手間はかかりますが、ビールは樽の封を開けてしまうと鮮度が落ちてしまうので、なるべく新鮮なビールをお客様に飲んでいただくために7リットルの樽を使っているそうです。

スタッフ全員が美味しいビールの注ぎ方をマスターしているプロ集団


明治館さんではアルバイトの方も全員キリンドラフトマスターズスクール又はキリン・ドラフトトレーニングを修了し認定を受けているそうです。

ビールの講習会などにもマスターと一緒に行って勉強されているそうです。
そのおかげでグラスの洗浄1つとってもこだわりをもって取り組んでいるとのことでした。
まさにビールのプロ集団ですよね。

店内には認定証がズラリとならびます。

毎日最高のビールを提供したい

ビールは注ぎ始めは冷たくないので、最初のほうは捨ててしまうんですって!
泡も良いところだけを使って、他は捨ててしまうそうです。

勿体無い気もしますが、ビールの“本当に美味しいところ”を飲んでほしいとの思いでトリミングされているとのことでした。
「ビールに本当にこだわっています。ぜひ一度ご来店ください。」
笑顔で語るマスター。

ぜひマスターに会いに、そしてこだわりの生ビールを味わいにお店に行ってみてください。

明治館 星が丘
愛知県名古屋市千種区星が丘元町15-15
スターヒルズ15
https://www.facebook.com/hoshigaoka.meijikan/
TEL:052-782-6664

2019-02-15|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です