星が丘テラス「父の日記念コンサート」でジャズを聴く

2019年6月25日sdfsdふぁds

6月16日(日)は父の日でしたが、皆さんは贈り物などされましたか?
星が丘テラスでは、父の日イベントとして、「フリーヒルズ ジャズ オーケストラ」のコンサートが行われました。
の日にジャズコンサートなんて、なんだかオシャレですよね♪

担当者の話では、「母の日は華やかだけど、父の日はちょっと地味よね。。。
毎日家族のために頑張っているお父さんにジャズを聴いて楽しんでもらおう!」
そんな思いから、2003年の星が丘テラスオープン時からの恒例イベントなんですって。粋な計らいです。

演奏する「フリーヒルズ ジャズ オーケストラ」は、ジャズ好きな小中高生のビッグバンドで東海エリアでは、唯一学校に所属していないグループなんだとか。
この年代からジャズを好むって、スマートでかっこいいですね。
しかも、ディズニーランドでの演奏や全国大会で毎年上位に入賞するなどの実力派!
今回は、この名古屋で有名なこどもジャズバンドが送るジャズコンサートをクローズアップします。

初夏の青空の下、力強くも軽快なジャズサウンドで観客を魅了!

恒例イベントということで、毎年楽しみにされているお客さんも多く、演奏者の家族と一緒にたくさんの観客が青少年のパワフルでフレッシュな演奏に聴き入っていました。

ところで、ジャズの表現に“スウィング”ってありますよね。どういうものか知ってます?
リズムにのって体を揺らすものかと思っていたら、音楽的特徴の表現でした。
ジャズのあの独特なリズムのノリを表す言葉なんですねー。
観客のみなさんも、まさにこのスウィングを楽しんでいました。

青空コンサートは、間近で演奏している姿が見られるのもいいですね。
顧問の木全先生に話を伺ったところ、イベント広場は、サイドやバックに壁があり、広がりのある空間なので音の返りがよく、心地よく演奏ができるのだとか。当日は天気も良く、皆さん気持ちよさそうに演奏されていました。

父の日らしいサプライズ演出も!

演奏の途中には、演奏者からお父様への感謝の手紙と星が丘テラスからの贈り物というサプライズが!
ある女子高生の手紙には、練習場までの送迎や日頃の感謝の言葉が綴られていて、聞いていた私もジーンとしました。
男子中学生は、「あのナポレオンよりも家族を大切にしてくれるお父さんの方がすごいと思う」と。こんなことを言ってもらったら泣いちゃいますね。

 

「フリーヒルズ ジャズ オーケストラ」は、2001年に結成し今や総勢70名ほど。高校生バンドの「フリーヒルズ ジャズ オーケストラ」と小中学生バンドの「リトルヒルズ ジャズ オーケストラ」の二つに分かれて日々練習に励んでおり、こどもジャズなんて表現が似つかわしくないほど素晴らしい演奏を見せてくれます。

毎月、様々なイベントで演奏しているので、HPをチェック!
そして、また来年の父に日にも期待ですね。

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です