仕事もこなすハンドボール選手をクローズアップ

2020年2月10日sdfsdふぁds

今年の夏に東京オリンピック、パラリンピックが開催されるということで、
様々なスポーツが注目されていますね。開催国ということで、
数十年ぶりにオリンピックへ出場するという競技がいくつかあります。
その中のひとつのハンドボールは、男子32年、女子は44年ぶりなんだとか。
今回はそのハンドボールのクラブチーム“HC名古屋”の選手、
平松香奈さんを紹介します。
クラブチームなので、選手はみんな企業に勤めながら、
仕事終わりに練習されています。
平松さんも星が丘の企業、“東山遊園株式会社”に勤務しながら、
ハンドボール選手として活躍しているんですよ。
ポジションはライトバック。
オフェンスの展開に欠かせないポジションで
左利きということもあり、エースポジション!かっこいいですね。
ちなみに同チームには、左利きの選手が3名もいて、
チームの強みになっているそうです。

現在シーズン真っ只中。今年はオリンピックイヤーということもあり、
半年で行うリーグ戦を3ヵ月(1~3月)で戦うんですって。
通常業務をこなしながら、タイトな期間で試合に挑むって
なかなか大変ですよね?
「1月から毎週、土日は試合で全国を回っています。
平日は仕事が終わって、18時からチーム練習。
からだを休める日はないですが、休むと鈍ってしまいますから(笑)」
と、爽やかな笑顔で答えてくれました。

メジャースポーツへ!名古屋から発信したい


写真は1月25日(土)に行われた、プレステージ・インターナショナル
アランマーレとの一戦。
ホームゲームによる白熱した試合は、26対22で勝利を収めたそう。
しかしながら現時点(1月29日現在)では、2勝5敗で厳しい状況とか。
4位以内を目標にしているので、これから巻き返したいです!と
意気込んでいましたよ。

最後にハンドボールを知らない方やファンにメッセージをいただきました。
「ハンドボールは“飛ぶ・投げる・走る”の基本3要素を必要として、
迫力のあるジャンプシュートやスピーディな試合展開が特徴なので
見応え抜群のスポーツだと思います。
まだマイナースポーツのイメージが強いハンド。
見たことがない方に少しでも興味をもってもらえたら、と思います。
そして、いま仕事では、星が丘エリアで取り組んでいる『福よせ雛』という
イベントに携わらせてもらっています。
2月18日(火)から星が丘各所でさまざまな姿で活躍している
お雛様が見られるので、チェックしてみてください!」

今年のオリンピックでハンドボールに注目が集まるといいですね!
福よせ雛も気になるところ。またここで紹介したいと思います。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です